top of page

職場の悩みの種類はどんな種類がある?どんな項目がある?職場の悩みをランキングで表示

更新日:2023年12月10日

今の世の中、職場の悩みや世の中の不安は、複雑な要因から生じています。まず、職場では人間関係の複雑さが大きな悩みの一因です。コミュニケーションの不足や誤解が生じると、仕事の効率性が低下し、ストレスが増加します。また、競争の激化や業績へのプレッシャーも、仕事に対する不安を生み出します。

一方で、世の中の不安は経済や社会の変化に起因しています。景気の不安定さや技術の進化による職業の変化は、安定感を欠いた未来への不安を招きます。また、自然災害や健康危機も不安を引き起こす要因となっています。

このような不安の根本には、不確実性への恐れが存在します。未知の出来事や将来への不透明感が、個人や社会全体の安心感を揺さぶります。そして、これらの要因が重なることで、職場や生活全体での不安が一層増幅されるのです。

しかし、不安に対処するためには、柔軟性やリーダーシップの重要性が浮き彫りになります。変化に適応し、協力しながら問題を解決する姿勢が必要です。また、自分のスキルや知識の向上に努めることで、将来への自己準備を進め、不安を軽減することができるでしょう。最終的には、適切なサポートを得ることも重要であり、同僚や家族とのコミュニケーションが不安の軽減に寄与します。



厚生労働省のデータより 「仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じる労働者の割合」



10年以上に渡り半数以上の従業員が不安を抱えて仕事をしているという事です。また、不安の内容を纏めたグラフがあります。


厚生労働省データより「「仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じる」とした労働者のうち、その内容(令和2年)」




仕事の質や量、仕事の失敗による責任の発生など、管理職のマネージメント力不足が要因になっている可能性が高いということがわかります。



厚生労働省データより「ストレスを相談できる人の有無(令和2年)」



厚生労働省データより「「ストレスを相談できる人がいる」とした労働者のうち、実際に相談した人がいる労働者の割合(令和2年)」




身近に相談できる人が少ないことがわかります。日本人、特に男性は粗横断をしない傾向があります、まずは、相談をして独りで抱え込まない事がとても大切なのです。責任感が強い事は悪い訳では無いですが、責任感が強すぎて独りで抱え込んで鬱など病気になるようであれば、病気を治す時間が必要で病院に通ったり、会社を休んだり、自分自身にとっても大変なことになり、鬱を治すにも時間がかかります。ですから、独りで抱え込んで悩む時間があるのであれば、近くの人に相談をして会社として問題を解決することが重要なのです。


厚生労働省データより「「相談できる人がいる」とした労働者のうち、労働者が挙げた相談相手(令和2年)」


職場の相談で多い事が「いじめ・嫌がらせ」の人間関係の問題も多く含まれています。いじめたり嫌がらせをしている加害者側はそう思わなくても、いじめられて嫌がらせと思う被害者側は悩んでしまうケースも少なくありません。そのような場合にも、会社と一緒に問題を解決して行く事で、優秀な従業員を辞めさせること無く、明るい職場に変えていくことも出来ると思います。この様に、事業所内にカウンセラーなど相談できる窓口を設置して、従業員の悩みに寄り添っていくという経営者の取り組み方・思いをしっかりと出す事で、従業員は安心して仕事に取り組める様になり、生産性の向上にも繋がって行きます。



厚生労働省データより「民事上の個別労働紛争相談件数に占める「いじめ・嫌がらせ」の割合及び相談件数」



もし、相談できる人が居ないのであれば、心理カウンセラーに相談をする事が、責任感を緩和する方法にも繋がりますので、是非、心理カウンセラーを活用することをお勧めします。カウンセラーにお金を使って勿体ないと思わずに、まずは、自分自身の為にお金を使って自分を守る為にお金を使うようにしてみて下さい。

経営者の方、総務・人事担当者の方に向けて、事業所規模で相談窓口が有る・無いと言う事業所は大きく別れています。私達のような心理カウンセラーを活用して頂く事で経営的負担を減らす事も可能になると思います。まずは、西風にご相談下さい。



厚生労働省データより「メンタルヘルスケアに取り組んでいる事業所の割合及び事業所規模別割合(令和2年)」





厚生労働省データより「メンタルヘルスケアに取り組んでいる事業所における取組内容(令和2年)」



民間企業に比べて公務員などはメンタルヘルスへの取り組みが進んでいるようです。取り組みが進んでいても、問題を解決できるのか?はまた違う問題だと思います。まずは、悩んだ時は相談できる場所を確保することが大切です。



厚生労働省データより「地方公共団体におけるメンタルヘルス対策の取組状況(令和元年度)」




厚生労働省データより「地方公共団体におけるメンタルヘルス対策の取組内容(令和元年度)」



心と身体は繋がっています。人間の体はとても不思議ですが、古来より人と繋がって生きてきましたので現代社会の様に独りで抱え込んで心を病んでしまうという世界では無かったのですが、現代社会になってからこの様な心の病が増えてきたのは現代病の一種だと思います。ですから、心を大切にする為にも心のなかにあるモノを出して行くこと、話をすることは大切なのです。




閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page